たのしく中国語 ~色分け~


年末は何かとバタバタしてダメだね~。
正月入っちゃうとダメだね~。駅伝3日間見ちゃうね~。
でも、今日は電車の中で少し勉強したよ!



で、そんなこんなで、前回の続き。
最初のテキストより先に購入して挫折中だった超入門本も聞き出した。

あ、持ってくるの忘れたので写真撮れない。。。


人によっては、一冊を重点的に進めて延びて行く人もいるかと思うけど、私は色んな方向からやってみて、色々気づきを得ながら改めていくタイプ。。まぁ、それよりも、飽きやすい性格なんで、並行してやらないと続かないんだけど~。


基礎と言うのはね、ハモニカもそうだけど、大事なんですよ、大事なんだけど、それは十分分かってるんだけど、拼音だけ、声調だけで発音練習しててもつまんない~。
でも、いざ単語や文章を覚えようと思っても、拼音×声調の組み合わせは、覚えるのに一苦労~。



そんなこんなである日、コンビニによったら、「本当に頭がよくなる1分間勉強法」という本があって、手に取る。

写真

なんだろ、メインは速読みたいな感じ?のスピード学習と、あとは、右脳を意識的に使えるように色分けをする右脳学習。

今回速読は目指してないし、重要度別に色を使い分けるというのも今回の意図に合ってない。
ファイルにまとめたりするというのは、まぁ、自分には続きそうもないというのは直感的に分かる。
英単語の覚え方の例も、心が躍らない時点で、自分には合わないと思う。

が、”4色に色分け”という概念は使えると思い、もうちょっと落ち着いて読んでみようと、購入。



この本では、重要度別に4色を色分けしていて、簡単に言うと、重要度の高いものから、赤・緑・黄・青で分けている。
言うなれば、右脳が働くよう色分けするものを、自分の用途に変換すれば良いのではないかと思い、この4色を、声調の第1声から第4声に色分けしてみる事にした。


最初、赤・緑・黄・青のそのままの順で第1声から第4声までを当てはめてみたんだけど、どうもしっくり来ない。そもそも、感覚的に、第4声は高い音から始まるから、青色って感じじゃないね。



で、自分の感覚にあうように、第1声:赤、第2声:緑、第3声:青、第4声:黄 に色分けし直した。

写真


"不"とかは他との組み合わせで声調が変わるし、”長””便”とか他の漢字も単語で日本語みたいに声調とか読み方変わったりするみたいだけど、細かいことはその時その時で順応する事にして、まだまだ初歩の初歩レベルなので、大まかな声調が覚えられれば良いかなと思う。


あとは、色分けを手間と思うか、声調の記号見ながら覚えるのをメンドクサイと思うかは、その人の感覚や記憶力、やる気次第なので、自分に合いそうなやり方に工夫すれば良いと思います。
もう覚えたやつとかは色外してるけど、とりあえず、今聞いてる本ぐらいまではこんな感じで覚えようかな、と。




色の話で余談だけど、私は地下鉄とかは色で覚えてる事が多い。
さて、銀座に行こうか、と思うと、赤とオレンジと灰色が頭に浮かぶ。つまり、丸の内線銀座線日比谷線。逆に、色で覚えてない路線は出てこないけど、あまり使わないって事だから、必要なときは路線図見たら良いんですの。
開幕当時から数年は人の影響でJリーグ見てたんだけど、今でも当時の選手の顔が出ると、ユニフォームの色が浮かぶ。移籍すると変わるけどネ。
確かに、こういう記憶力は応用が効くなら使うべきと思います。

あと、色の話ではないんだけど、以前、テレビで自転車の乗り方を教えていたのを見てた。かなり前なのでうろ覚えだけど、前に進むの(こぐ動作)と、バランスを取る動作をいっぺんにやろうとするからなかなか乗れないんだって。まずはこぐ動作、バランスを取る動作を別々に体に覚えさせてから合わせるとすぐ乗れるようになるらしいような事を言ってた。
私はもう乗れるから実際にどうか分からないけど、拼音と声調をいっぺんに覚えようとするよりも、声調を色分けして右脳にも協力してもらって、少しでも拼音の記憶に集中できるようにしたら覚えが早いのではないかと思う。(声調を覚えても発音できるかはまた別の話なんだけどね。。)




スポンサーサイト

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

会社での密かな楽しみ

かっこいい人やかわいい人が職場にいるだけでやる気が違うとか聞いたり、私もそれはあると思うんだけど、それよりも、同僚が着てくる服にお気に入りのものがそれぞれあって(ない人もいるけど。。)、それを着てこられると、結構、テンションあがったり気が安らいだりするんですよ。



女性陣

Mさんのあのロングスカート
色は秋っぽい感じなのだけど、柄がステキ。夏にしかこれをはいているのを見たことがなくて、最近は見れないので寂しい。。

Nさんのあの(スカートに見えるが実は)キュロット。
裾のフリルがかわいい。最近よくはいているのでお気に入りとみた。


男性陣

K君のあのパンツ
とにかく、色がいい!!ホンっとに欲しい、この色。

Sさんのあのシャツ
単色が多いんだけど(っていうか、あんなにいろんな色のシャツを持っているところがすごい!)私はこれが一番好きですね~。ストライプの線の色がそれぞれグラデーションになっててきれいだし、全体的にさわやか。

Tさんのあのブーツ
脱いだり履いたりするの大変そうだけど、この人、こういうの似合う。そして、マフラーは、昨日はグレーだったけど、前にしていた青がとてもいい感じ。青のやつが良いと本人に伝えておいたので、今日はどっちのマフラーか期待。

Wさんのあのベスト
色がきれい~しかもメインで着てる2枚とも。着てくる確率高し!!

Mさんのあのベスト
いつも同じようなスーツなので、この格好は目を引くし、すらりとした長身にとても良く似合う。あと、ホンっとに時たま被ってくるあの帽子。

Eさんのあのパンツ
辞めちゃったのでもう見れないけど、あれは色もいいし形もいい。本人いわく高かったらしいけど、あれを履いている日はEさん、最高にかっこよかった。最後の日に履いてきてと頼んだらちゃんと履いてきてくれたので思い残すことは無し。



いや、それだけなんですけどね。



ちなみに、みんなにも言ってるからストーカーじゃないよ~


テーマ : 私事
ジャンル : その他

たのしく中国語 ~最初のテキスト2~



おほほほ。
旅行と仕事に追われていた、と言い訳する程のものでもないけど、ちょっと疲れ気味で、通勤中も音楽聞いてリラックスモード、お家でもテレビやネットサーフィンでグダグダモードな日々を重ねてしまったので・・

・・ここでまたブログ更新して明日からちょこっとずつ復活モードに持って行きましょう。


と言うわけで、前回の最初のテキストの続き。



このテキストはリズムが面白いために、私の場合、自分の意識がリズム重視になりがちで、1音1音がおろそかになっていました。

実際、試してみたYさんにも、ji、qi、xi と発音した語が実際は zhi、chi、shi だった時に通じなかったり、よく直されたりしたし、文章を覚えるよりも先に1音1音、発音の練習をした方が良いとも言われてた。
発音が良いとか悪いとかの世界でなくて、全く違う言葉になってしまうから大事なのね。

良くあることだけど、頭では分かっているようで、いざ試して、指摘されて、ある時、ああ、こういうことか、って違いが分かっていくってパターン。

やはり初めての音は耳で聞くのと文章解説だけでは理解しにくいので、図で説明してあるもの・・・も微妙だな。。テレビなどで実際に発音している人の口の動きを見るのって、結構、実際の発音の動きを想像しやすいと思う。

最初から基礎の発音だけやるのは飽きるな~と言う人は、この本である程度、勢いや興味がついたら、発音の本と並行するのが良いかも。





それから、拼音だけでなくて、巻末の漢字も時々確認しながらリズムを楽しんだ方が良いと思う。

この本を卒業、というか、そろそろ次の本に進みたい時期に入ると、ある程度簡単な動詞や名詞は覚えられるのだけど、特に似たような拼音の単語が連なる文章では、文章全体での意味はつかんでるけど、いざそれを構成する1つ1つの単語の意味や声調を考えた場合、どの単語がどの意味で、どの声調なのかがパッと出てこない。

その点、漢字は目で見て違いが分かるので、ただ拼音で練習するよりも意味が頭に入って来やすいと思う。




ところで、今、この本はもう聞いてないんだけど、結構忘れてるものも多いな。時々聞き直そうかな。

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

ありがとうございます


なんだかんだで、祝ってもらえるのは嬉しいですね。

メールやメッセージをくれた方々もありがとうございます。




う~ん。。。。
お昼に皆さんに祝っていただきながら食べたみそチゲとSさんのカワイイ韓国のり巻きの画像が。。
それはアップできるようになったら追加しよう。。



KくんとMさん、Nさんありがとう~

DSC00834.jpg

DSC00842.jpg

プルーンのタルト、初めて食べた。
そんなに甘くなくていいね、この紅茶に良く合います。とても良い香り~


テーマ : 私事
ジャンル : その他

たのしく中国語 ~最初のテキスト~


一番最初に買ったテキストは、超入門なのに難しくて挫折。。。



で、見つけたのがこれだ。


リズムに乗ってみるみる身につく 新発想 中国語の発音
DSC00690.jpg


みるみる身につくかはその人次第として、とりあえず、急遽休みとなった2日と合わせて4日間、できるだけ聞いて真似してました。


覚えるのは普通の文章とかでなくて、ことばあそび歌のような感じ。

いくつかお気に入りがあるんだけど、その中の1つの日本語訳はこんな感じ。

竜好きのロンロン、夢をみた、
夢に見たのは それはそれは
それは たくさんの竜。

日本語だけで見ると分からないけど、中国語の方は、それぞれの課で覚える子音や母音を使ったリズミカルなものになっています。この文は、「很多、很多」のリズムのタメと繰り返しが好き。



韻は踏んでるし、冒頭の行を繰り返す3行詩・・ブルースじゃん!的な詩もあって、そう思うと(私はww)また楽しい。そういう詩の形やリズムって、何か耳に楽しい共通言語なんでしょうかね。




休み明けに、地震で他の人が帰ったにもかかわらず、飛行機のチケットが取れなくて帰れず出勤していた中国人Yさんに一日一文言ってみることにした。

4日間でいくつか覚えたけど、一日で複数言っちゃうとすぐネタが無くなっちゃうから、小出しで、一日一文。


そうこうしているうちに他の同僚も帰ってきて、今振り返ると、今まで8人に試したのだけど、私の発音の良し悪しは別として、これ、かなり評判&くいつきがいい。やはり文章自体が面白いらしく、みんな、どこで覚えたのか興味津津でした。




これで大体3週間~1カ月は楽しめます。





次回は~この本を使ってみての感想などを少々。




テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる