ブルースの歌のはなし 〜なぜブルースは恋愛の歌が多いのか〜




ブルースの歌のはなし 〜プロローグ〜
ブルースの歌のはなしカテゴリ(過去の記事)



なぜブルースは恋愛の歌が多いのか。

I_offer_u_ml-smooth-flat510_400.png


人が話してるのを耳にする事もあるし、聞かれる事もあるし、もう事実として捉えていて、そもそも疑問にも思わない人もいると思いますが、多いですね。


まだ黒人差別が酷かった時代、白人が音源を録音する環境で本音は歌えず、その不満の表れを男女の恋愛に置き換えているというような話を、かなり前に聞いたか読んだ事がある記憶もあって、それは絶対一つの要因としてあったのだろう思う。

「魂をゆさぶる歌に出会う」でも、理由の一つとして、”ブルースでは理不尽なアメリカ社会を恋人の女性にたとえて歌っている”ともあり、「黒人ブルースの現代」でも似たような記述がありますね。こちらは女性という限定的な言い方でなく、黒人が置かれている状況を象徴的に示しているという表現ですが。


露骨なものから、きわどいもの、今の時代では危ういもの、想像豊かなもの、滑稽なもの、絶望的なもの、感情的なもの。
時代にもよるけど、淡い少女漫画的なものはあまりないですね。

ブルース界で有名なロバート・ジョンソンの幼少の家庭環境から毒殺されるまでの一生を見ても、その複雑で流動的な大人の恋愛が、生まれた時からずっと身近に纏わり付いてたのだろうとの推測は容易に立つのですが。

今回の参考文献^^:は、3冊登場。

ブルース
湯川新
法政大学出版局


魂をゆさぶる歌に出会う
ーアメリカ黒人文化のルーツへ
ウェルズ恵子
岩波書店


黒人ブルースの現代
三井徹
音楽之友社


端から端までじっくり読んでるわけではないですが、3冊ともなかなかお気に入りです。
ウェルズ恵子さんの本は他のも持ってるけど、ブルース以前(奴隷制時代)の話なども覗けて興味深くも考えさせられる。
(「ブルース・ピープルー白いアメリカ、黒い音楽」も同様だけど、こちらはもうちょっときつい事実がたくさん書いてあってガツンと衝撃がくる感じ。)


drive-back-trace-kore-green2_201701060019523d5.png


淡い恋愛を体験できるような特権的な時期も無く、常に命を脅かされる未来も見えない境遇で、生活や人生や唯一手に届く娯楽(快楽)という性格をもった恋愛を背負って、一気に大人になる。
恋愛に生活は切り離せないし、その人の人生、命自体が切り離せない。

男性の仕事はキツイ上に給料も少ない(土地に縛り付けるために、給料から色々引いて、次の年に借金する感じにさせられたりとかもあるらしい)
女性はいくつか仕事の種類があって、男性よりはまだマシだったようで、支えてくれる女性が側にいるかいないかで人生を左右すると言っても過言ではないですね。


あの子に振られたら死んじゃうなんて歌詞の曲がいっぱいあるけど、振られたら実際に生命が脅かされる危険性があったってことで。
振られたから次の子に行くとかなんて歌詞の曲もいっぱいあるけど、次の子との生活&気持ちの支えがないと、生き続けてはいられなかった時代があるってことで。



歴史的に見れば楽しく語れる話ではないのだけど、労働歌であるみんなの歌の時代からブルースという自分の歌へ移り変わる時代。

ブルースのすごいところは、それをただただ悲しい嘆きの歌にするのではなく、仕事歌などで歌い継がれてきた音のエッセンスを受け継ぎながら、擬人化や誇張、韻の遊び、様々な解釈が取れる豊かな詩的表現で、過酷な環境の中でも何かを楽しむという力を与えてきた、長く厳しい時代を生き抜くための何世代もの知恵が詰まっている。

男女間の恋愛をブルースという手段で生き生きと表現する事は、その時代を生き抜く手段の一つでもあったわけですね。

だから、表面的に歌の意味だけ言っちゃえば、悲しく冷たい歌が多いんですけど、蓋を開ければ、色んな愛が詰まった命のある暖かい歌なんですね。


「ブルース」で湯川新さんが抜粋している文章をさらに抜粋。
”日常生活にどっぷりとつかっていながら、これを超越しようとする唄、これがブルースの恋唄である。ブルースの詞について先駆的な論文を書いたS・I・ハヤカワはこれを指して<生きる知恵>と呼んだ。

いやいやまさに。

今度これ読みたくなるじゃん~

ポピュラー・ソング対実人生
S・I・ハヤカワ
(大衆の時代 鶴見俊輔編)
平凡社




にくにくしい肉食系の歌詞は歌負けするので、自分が選曲する歌は、この点に関してはそれなり止まりです。w





スポンサーサイト

テーマ : BLUES
ジャンル : 音楽

ブルースの歌のはなし Harpoon Man  〜このハモニカはパトカーのサイレンの真似だったのね〜




ブルースの歌のはなし 〜プロローグ〜
ブルースの歌のはなしカテゴリ(過去の記事)


Harpoon Man
:The Paul deLay Band(ポール・ディレイ バンド)




♫昔から何かをしようとすると 決まっていつでも水を差される〜

土曜ワイド劇場でスキマスイッチのスカーレットがエンディングで流れる度に、妙に納得してしまうのだけど。

ここ1年、イラストの写真撮りに地元の山ちょっと登る以外は、もう殆ど運動してないので、今年は年明けからハモニカの練習か体動かすぞ〜と、一念発起で外に出たはいいけど、カラオケは混み混みでハモニカ練習は断念、ジムはまだ正月休み中でした。頼まれてた宝くじの換金も、宝くじ売り場まだやってなかった。。。



♫スカーレットの電車はホームに着き いくつもの人生を乗せて運ぶ〜

そんな感じで仕方がないので、スカーレット(名鉄電車)では無いけど、銀色の電車に乗って、久々に Harpoon Man を聞く人生を選択。まさか、この時の人生の選択が正しかったことをすぐ知ることになるとは。

この曲はずっとMDに入れてて、もう、いつどの音源から入れたかも覚えてなくて。
歌もリズムも楽しくて、この曲やりたいなあと思った当時、友達に協力してもらって歌詞を聞き取ろうとしたのですが、特に3番がどうしても何だか聞き取れず意味もわからずで、ムリムリ曖昧で放置なまま、あれから数年経ってますけど。


(1)
there is a place down on the corner
where we all go Friday nights
It’s called the wild eagle
and the band is out of sight

then they got a guy who is 6 foot 5
and weighs two thousand pounds
when he plays that Harpoon Man
oh, the people gather around


(2)
They are dancing on the roof tops,
they are dancing in the halls
they are dancing all over,
holding no regards

yeah, everybody's dancing,
and I hear the crazy beat
when the dance hall fills up
people (would) be dancing on the street


(3)かつて
One night the local police
came to throw us out
and they heard that Harpoon Man
and they began to dance and shout

year the police they do the market,
the police they do the swim
just keep playing that Harpoon Man,
we won’t run you in.



ふと、Harpoon Man の歌詞、ネットのどこかにないかなぁ、と、聞きながら色々と検索してたら。




あった。

Harp Surgery というサイトの、Harmonica Effects 1 – Police Sirens

歌詞サイトじゃないけど、ハモニカ吹く人のためのサイトのようですよ。

しかも、文章の流れで、偶然にも3番だけ!


ハモニカで汽車の音を真似る効果なんかが入った曲は歴史的にも多々ありますが、ここではハモニカでパトカーのサイレンぽい音をどうやって出すか解説してる。


Harpoon Man という歌は、3番の歌詞で警察が出てくるのだけど、その歌詞が終わったすぐ後に、うぁ〜〜〜ん あ〜〜〜ん(Eeeeeeeeee-yoooooow)という、長〜〜い息のハモニカが入る。
そのハモニカの入るタイミングの説明ついでに、3番の歌詞が全部出てる^^ 

曲も歌も早いから、分かりやすくするために全部書いたのかな。

At around 1:30 the lyrics cut in with: One night the local po-lice came to throw us out, they heard that Harpoon Man and they began to dance and shout. Yeah the po-lice did the monkey, the po-lice did the swim, they said if you don’t play that harpoon man, we’re gonna drag everybody in.


というわけで、晴れて!
((2)も微妙なとこはあるけど、今すぐ気になるほどじゃないので良しとして)

3番差し替え (^o^)


(1)
there is a place down on the corner
where we all go Friday nights
It’s called the wild eagle
and the band is out of sight

then they got a guy who is 6 foot 5
and weighs two thousand pounds
when he plays that Harpoon Man
oh, the people gather around


(2)
They are dancing on the roof tops,
they are dancing in the halls
they are dancing all over,
holding no regards

yeah, everybody's dancing,
and I hear the crazy beat
when the dance hall fills up
people (would) be dancing on the street


(3)判明!
One night the local police
came to throw us out,
they heard that Harpoon Man
and they began to dance and shout.

Yeah the police did the monkey,
the police did the swim,
they said if you don’t play that harpoon man,
we’re gonna drag everybody in.



Monkey で思い出すのは Skid Row の Monkey Businessだけど^^
歌詞判明しても 、というか、did the swim かとは思ったけど、結局それで合ってたとしても、monkey とか swim とか意味わからないけど、とりあえず前進!^^



というか、このハモニカはパトカーのサイレンの真似だったのね!



3番のこの部分の歌詞は、Charlie McCoy (チャーリー・マッコイ)の方が実は聞き易かったんじゃ無いかというオチもあるけど、両者、所々微妙に歌詞が違う。

つづく。。かもしれません。


ただ、続くとしても、次回ではありません。
次回ネタを書こうと思ってたけど、Harpoon Man の3番の歌詞を見つけたのが嬉しすぎて、思ってたのからめちゃめちゃ脱線してしまいました。しかも、まさかの続けて歌詞ネタ。。。


ついでにこちらもリンク
Imitating Sounds With The Harp



テーマ : BLUES
ジャンル : 音楽

ブルースの歌のはなし My last meal 〜Jimmy Rogers は かぐや姫〜



ブルースの歌のはなし 〜プロローグ〜
ブルースの歌のはなしカテゴリ(過去の記事)


は〜( ´Д`)y━・~~
良かった、ヤバかった、今年一番、いや、覚えてる限りで一番のてっぺんライブでした。

「意味も知らずにブルースを歌うな!」出版記念イベント
小出斉×吾妻光良トーク&ライブ】
@ 中野ブライトブラウン

book1161227.jpg

予想通り、オープン前から並びましたo(^_-)O

一発目の小出さんのソロからして、既に試してみたい手法が満載(≧∇≦)(ちなみに私はギターは弾けません)

Trouble in mind、いい歌だなぁ。列車のところがね。
哀しみを見せないために笑ってるところがね。(この部分は別の歌でもあると思うけど)この曲やろうかな。

私の吾妻さんのイメージは、What's the use of getting sober みたいなステージで、演奏でも英語でも日本語でもトークでも楽しませてくれる、これ系、最高ですわ。


で、この日に買えると思って、事前には本を買ってなかったんです。で、事前に買って読んでた方に言われて気づいた。

My last meal が入ってる(^。^)

結婚したく無くて、求婚相手たちにアレ持ってこい、これ持ってこい、と無理難題を言ったかぐや姫みたいな、死刑囚の歌です(^。^)

死刑にされたく無くて、看守にアレ持ってこい、これ持ってこい、と無理難題を言った死刑囚。

そもそも看守が、お前もう明日が最後だし、最後に何でも食いたいものくれてやるから言ってみろ、と言ったのが始まりで・・・・・看守はその後、もう、何であんな事言っちゃったかな〜と絶対後悔してると思います。^^


この歌は歌詞が面白いなあと思って、昭和の連ドラを感じさせる Littile Milton の Breakaway Clean と共に、自分でも初めて日本語化を試みた歌です。かの有名な Jimmy Rogers の歌というと、皆さんこの歌は印象に無いようで、結構驚かれます。


今回のライブでは、この曲の演奏は無かったのですが、意味が分からなくて日本語にしてなかった(というか、この曲は長いので日本語は途中途中で端折って演っているのですが)、bee-bop beans は何と訳してあるんだろうと見てみたら、ビー・バップ・ビーンズだった(^。^) (^。^)

もちろん、解説にはきちんと意味が書いてありました ^^
気になる方はご購入よろしくです(^。^) 面白いよ〜(≧∇≦)


日本語化はただでさえ語彙や表現力が無いのに、韻や音の響きがどうにも出来ず、まだまだ色々模索中。
このライブは本当に楽しめたし、参考になりました。ありがとうございました。
この企画バンザイ*\(^o^)/*


最後に、全然韻を踏めて無い、まだまだ残念な日本語化ですが、折角なので今やってるやつを書いておきます。
英語は3番まであって、所々選んで2番までにしてます。

(導入部分の、看守が死刑囚に、あと1日しか残されて無いから最後に食べたいものを言え、ここに無かったら調達してきてやるから云々のくだりは、最初に意味を伝えて、歌は英語のみにしてます)

両面焼きで恐竜の卵2つ
バターであげるんだ ギトギトさせんな
シマウマの歯に 虎のステーキ
すご〜くよく焼けた カバの丸焼き

さあ行け!
食事を持ってこい
最後の晩餐
無いんだったら取りに行け
戻ってくるまで俺は逝かないぞ


クロコダイルの涙をコップ一杯
紫のスイカにアリゲーターの耳
蛇の尻と半分に裂いた舌
メスのバナナも忘れるな

さあ行け!
食事を持ってこい
最後の食事
無いんだったら取りに行け
それを食うまで俺は逝かないぞ


やはり、聞こえの面白さの方を大事にしたいので、いずれそちらに重きを置いた面白い日本語化の歌詞で歌いたいものです。。。。

book2161227.jpg

book3161227.jpg

book4161227.jpg

book5161227.jpg

テーマ : BLUES
ジャンル : 音楽

ブルースの歌のはなし  (巷で流行りのブルースの歌詞イベント^^)




ブルースの歌のはなし 〜プロローグ〜
ブルースの歌のはなしカテゴリ(過去の記事)


最近なのか、ちょっと前からなのか、ブルースの歌詞に注目したイベントなんかが流行ってるようでホクホクな感じなので、久々のこのカテゴリ更新です(^。^)

本業の仕事が変わって多分前より時間が出来そうなので、またちょぼちょぼ出向いたりブログも更新していこうと思いますが、今回は、そんな今流行りの!ブルースの歌詞に注目したイベントなどのご紹介。
もっとあったら是非教えていただきたい^o^ そして行きたい^o^

ちなみに、掲載順は自分が知ってた順です(^。^)

中野Bright Brown
毎月第一火曜

BLUES'n ENGLISH

ブルースの歌詞を少しでも理解しようという会です。
どなたでも参加自由です。
講師:Soo-G
open 18:00
start 20:30
\200

ブルースギタリストのSoo-Gさんが、月一で開催されてるBLUES'n ENGLISH。平日の楽しみといえば、月一のBLUES'n ENGLISHとソロ×ソロライブくらいだったここ数ヶ月。。。救われました^^
ラベル買いビールと共に聞く講義は2度も3度も美味しい^^
今は、毎月第一火曜になっています。毎回2曲くらいの選曲で、事前にリサーチなんかもされてて本格的です。参加者からの事前リクエストも可能です。今後も参加しま〜す!^o^

歴代のラベル買いされたビールたち。
グラスも同じラベルのとか素敵すぎる^^ ラベルが良いのは味も良い。

beer2.jpg
本当に一本でピンクのゾウが出てきます。

IMG_0116161128.jpg
これかっこいい。

IMG_9601161128.jpg
おじさん。

IMG_2306161128.jpg
カップル。

IMG_2489161128.jpg
あまり量飲めないから、これは結構大変だった^^;

beer1.jpg
なんかスポーツチームっぽい。



中野Bright Brown
12月23日(金)

【小出斉×吾妻光良トーク&ライブ】

雑誌:ギターマガジン主催
「意味も知らずにブルースを歌うな!」出版記念イベント
限定40名
open 19:00
start 19:30
\2000

おお!!!!
見たその日に参加予約いたしました。11/28現在はまだ席はあるそうですが、興味のある方はお早めに!^^
吾妻さんの意味も韻もうまく日本語交えた歌は理想ですね。目指してるんですが、まだまだまだ遠い^^;
小出さんの本はまだ買えてなくて > <、今回は小出さんも書かれているこちらの本の写真。

bluestetsudo.jpg
BLUES & SOUL RECOEDS
特集 歌詞探求特集第一弾 ブルースと鉄道



曙橋Bar461
【すいません、こちら、Vol,1は終わってはいるのですがその1って書いてあるから】

永井ホトケ隆のブルーズ講座 Vol,1 「ブルーズってなんやねん?」

開講!永井ホトケ隆のブルーズ講座 その1
1回目は日本においてその実体が正しく知られないまま、ブルース(ブルーズではなく)という言葉だけが広まったブルーズの本質や歴史、歌詞の意味などを演奏をまじえて楽しく解説したいと思います。(永井ホトケ隆)
永井ホトケ隆のブルーズ講座 Vol,1 「ブルーズってなんやねん?」リポート

これは行きたかったなぁ。Vol. 1って事なので、Vol. 2以降、是非是非是非お待ちしております!
というわけで、現場写真がないのでこちらの写真で。私、本は裸にしちゃうので露わになってますが^^;

paradise20161128.jpg





テーマ : BLUES
ジャンル : 音楽

ブルースの歌のはなし Checking on my baby 2 韻



ブルースの歌のはなし 〜プロローグ〜
ブルースの歌のはなしカテゴリ(過去の記事)

Checking on my baby
:Junior Wells(ジュニア・ウェルズ)




男の人が歌ってる歌を、じゃあちょっとこれは、女性が歌ってる歌にしたいと思った時に、SheをHeに変えたり、Youに変えたり、Babyにしたり、womanをmanに変えたり、それだけで済めば別に何てことはないんだけど、例えば一筋縄ではいかない部分があるのです。

You know she wouldn’t write
She wouldn’t call me on the phone
My baby won’t write me
She wouldn’t call me on the phone
But I’m gonna get slick
Get myself another chick

slick ⇨ smooth, cool, smart way
chick ⇨ ひよこ、若い女



そう、韻です。



歌詞の性別を変えた場合、chickも性別を表す言葉なので、変えないとそのままでは意味が通らなくなる。
さてchickを変えようと思うと、slickも変えないと折角の韻が死んでしまう。


困った。
ボキャブラリーもセンスもない。



というわけで、当時良く会ってたアメリカ人の友達に、考えて♡ってお願いしてみたのです。


頼んだ時は自信なさ気だったけど、ちょっと考えて、3つくらい案を出してくれたのがこちら。


But I’m gonna get a plan
Get myself another man


But I’m gonna get smoth
Get myself another dude


But I’m gonna get wise
Get myself another guy


むむぅ!さすがだ!
こういうの得意な気配はしてたんだよね。



その後、満場(2人)一致で、③
こうして、男の人の歌じゃん問題を解決してもらったのです。



が、③が良いという結論には至ったものの、それ以来というか、そもそもその前もこの歌を歌ったことがない。

薄情者です。

何年も誰の目にも触れないノートに記したままだったけど、もうここに書いたからやるしかない。


ジュニア・ウェルズは、Country Girlとかも覚えたけど、(ちなみに言っておくと、私の覚えた、は ハモニカでなくて、歌詞の方)、結局、自分がCountry Girl〜って歌ってもなぁ〜とか思ってるうちに、自分の中のジュニア熱の下火も手伝って、やる機会はなかった。

It’s my life babyも好きで覚えたかったけど、ジュニア・ウェルズの歌がむにゃむにゃしてて歌詞もわからなくて、しばらくしてから、Nat Doveに歌詞を聞き取ってもらったけど、結局同じような理由で今までやらずじまい。
こちらはそのままの歌詞でもいいかなとも思ってるけど、とりあえず、まずは人前に出します〜



でも、さすがに今日は間に合わないかな。

ってことで、本日、浅草infinity、ご興味ありましたらおいでくださいましw

6月17日(金)洋書屋さんでのブルースソロ×ソロナイト
@浅草 Infinity Books and Event Space
Aki Kanke: ハーモニカ & ボーカル
GEN:ハーモニカ & ギター ー



テーマ : BLUES
ジャンル : 音楽

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる