2/11(土) & 2/12 (日) 出張 「芸術倶楽部 ただみ」ミニ雪像&雪上テント/実演・写真展示 @ 只見雪まつり会場JR只見線駅前広場の近く 報告1 ー雪まつり前日ー



出張 芸術倶楽部ただみ 第2弾 参加して来ました。
雪まつりの様子と共にお届けします。

去年の町内ミニ雪像の只見通信はこちら
東京から只見通信 ー只見ふるさとの雪まつりミニ雪像1ー
東京から只見通信 ー只見ふるさとの雪まつりミニ雪像2ー

2日間に渡る只見ふるさとの雪まつりは、結構盛り盛り沢山なプログラム数なので、ここでは、主に「芸術倶楽部ただみ」会場と、その活動に関連する町内のミニ雪像、祈願花火、雪まつりハガキで描いている芸能発表やおんべの写真を中心にお届けしますので、他のプログラムに関しては、只見ふるさとの雪まつり公式サイトをご参考くださいませ。


私は他のメンバーより一足先に、前日の金曜日に現地入り。:;(∩´﹏`∩);:

ハガキの販売店舗を広げるべく、事前にコンタクトを取っていた会津田島駅季の郷 湯ら里などを回りました。湯ら里さんには早速、その日から売店に置いて頂き、側には只見の切手が(╹◡╹)

IMG_6776170315.jpg

これはいいですね!只見郵便局か、雪まつり中は場内のテントでも購入出来ました。
ネット購入はこちらから。是非とも雪まつりハガキとセットでお使い頂きたい(╹◡╹)

切手シート
雪を見るたび来たくなる 只見ふるさとの雪まつり


芸術倶楽部ただみのミニ雪像は、雪まつり期間中の実演なのでまだ雪の塊、というより、塊にもまだなっていませんが、ミニ雪像コンテストにエントリー予定の町内のミニ雪像は、既に出来ています。

昨年の実績を参考に回ったのですが、何しろ町内、広いので、そうそう何度もあちこち足を運べる状況でもなく、明和地区は金曜のうちにゲット。が、自然には勝てず、綿帽子被りの状態。
蒲生や塩沢、館ノ川辺りもこの日に撮っておきたかったのですが、何しろ雪国の冬の夜は早い。
寄り道したのもあって、思うように回れなかった事を後々後悔する事になるのです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


明和保育所
町内ミニ(よりデカイ)雪像。
雪が降り続いておりまして。。。。

IMG_6750170315.jpg

IMG_6757170315.jpg

タイミング合わず、実はこの写真を撮った後に雪を払ったらしい。
流石に再度戻る時間はなく、実際に作成した方から入手した、雪をかぶる前の雪像も載せておきます。

IMG_9061170315.jpg

IMG_9060170315.jpg



熊本復興応援にちなんで相当数の(しろ)くまモンがいると予想。さて、何体に会えるかな。歩ける距離は足で稼いで、本日この日の収穫(╹◡╹)


坂田
雪が降り続いてない時に来たかったけど、それでも垣間見得る脚線美の結構なクオリティ。
去年のミニ雪像は、私個人ではここのが1位でした。
(あ、去年のブログ、地名間違ってる、、明和、小林とありますが、坂田(小林を入ったとこ)でした。後ほど訂正します。)

IMG_6766170315.jpg

IMG_6760170315.jpg


(元)もとじの坂を上がった個人宅
去年の雪まつりは雨が多かったのですが、ちょうど屋根の下に作られてたこともあり、2日目に回って風雨にさらされた姿しか見れなかったけど、今年は雪が多くて、家のそばでもあったから雪が被らなかったので2日目通った時もほぼこの姿でした。

IMG_6844170315.jpg

IMG_6842170315.jpg


去年の雨の教訓もあって、大きい雪像より小さい雪像を先に回らなきゃと、このあと、小さいのを中心にしたのだけど、大きい雪像は、雨には多少形が変わってもわかるから強いけど、吹きっさらしのところに作る感じになるから雪だと積りやすいし、積もると退けるのも大変だし、今年は去年と傾向が逆でした。全く、自然の力とはw 来年は天候も考慮して町内を効率的に回ろう。


朝日保育所
こちらも綿帽子。。

IMG_6855170315.jpg

多分風が吹いて、どら焼きが落ちてて、形から言ってこの配置(下の写真)だと思ってどら焼き置いて写真撮ったけど、もし合ってなかったらゴメンなさい。

IMG_6852170315.jpg


はせべと三石屋の間のスタンドとお隣
あじがある。

IMG_6926170315.jpg

IMG_6927170315.jpg

とてもあじがある。
ここはいつも灯篭があるけど、今年は(しろ)くまモンもいます。

IMG_6931170315.jpg


東邦銀行
完成形は撮れなかったのですが、毎年雪まつり会場への凱旋門的に迎えてくれるミニ雪像というか、巨大雪壁。
IMG_6940170315.jpg

IMG_6946170315.jpg

横は、わっ!
IMG_6942170315.jpg



次は、是非とも次回コラボしたい2軒。ここはおすすめルート。

只見振興センター(予定)近くの個人宅1
IMG_6961170315.jpg

IMG_6963170315.jpg

あれ?デジャブ?
いや、よく見ると違う。ってか、この同じ(ような)形の雪像を選ぶセンスが素晴らしい。一昨年は撮ってないから、どうだったのかがすごく気になる。
去年と違うところ
⚪︎雪だるまの顔
⚪︎うちわ
⚪︎ライト
⚪︎子だるまのおへそ


只見振興センター(予定)近くの個人宅2
IMG_6973170315.jpg

IMG_6971170315.jpg

今年は干支で来ましたね。子にわとり(?)が可愛い。
去年だるまがお気に入りだったとこで、だるまの体型が抜群だったのですが、今年も全体のバランスがいいですね。



もう真っ暗だけど、夕飯前にもうひと仕事。

雪まつりの2、3週間前にやっと積もったのもあって、積雪は例年より少ないくらいですが、去年は更にかなり雪の少ない年だったので、見た目が歴然(^。^)
雪上キャンプの設置場所を作っておかないとやばいね。

IMG_6997170315.jpg

去年の雪上キャンプの只見通信はこちら
東京から只見通信 ー雪上キャンプ(雪中野営)ー


この辺から行くか。

IMG_7003170315.jpg

IMG_7008170315.jpg

履きなれないと言うか、そうそう履かないカンジキで雪踏み。それでも頑張って勢いよくジャンプしたり走ったりしたのに、長靴で歩くと更に倍ぬかるという、カンジキの予想を超える性能をこの時ばかりは恨みながらも、今度は長靴で、ふみふみふみふみ。

IMG_7014170315.jpg

汗ダク(;´Д`A

IMG_7024170315.jpg


雪まつり前日からして筋肉痛ಠ_ಠ

夜は、明日の展示の準備。まるで夏休みの宿題のように、ギリギリで進めておりますが(´∀`=)

IMG_7035170315.jpg


雪まつり1日目に続く


スポンサーサイト

テーマ : 福島県只見町
ジャンル : 地域情報

12/3(土)ふるさと只見会@四ツ谷 婦人会館プラザエフ




ふるさと只見会は、都心に住む只見に所縁のある方々が、年に一度集まって開かれる会合でして、2016年最後の「芸術倶楽部 ただみ」の活動はこちらで締めくくりでした。
春から企画した3つのイベントも無事終えることができ、既に次の活動へ向けて、着々と動いております。


毎年、スクワール麹町で開かれるのですが、今年は只見の町長選の影響もあって日程に変更があり、それに伴って場所も婦人会館プラザエフになりました。
只見会0


ふるさと只見会会長の目黒さんと、前会長の新国さん。
只見会4

目黒さんとは、以前個人企画ツアーで友人達と森の分校ふざわに宿泊して恵みの森散策をした時にお世話になり、その縁で只見会を知ることができました。

新国さんとは、まだ工事中の八十里越県境を訪れた只見で初めて行われたふるさと只見会に参加後、東京に戻る時に、ふるさと只見会発足のお話を聞き、ひどく感銘を受けました。


来賓の方々にご挨拶を頂く後ろには、モニターに映し出したtakiguchi氏の只見の写真。
只見会1


映像やハガキ、写真をご覧に入れながら、「芸術倶楽部 ただみ」の発足や活動内容に関して説明をさせて頂きました。
只見会8

もちろん、毎月第三金曜日に浅草の洋書屋Infinity Booksで演奏しているAki Kanke & Genの新生ソロ&デュオで演奏もさせて頂きました。
というか、もともとお話を頂いたのは、音楽が先なんですけどね。
只見会7加工

只見会10


恒例の「ふるさと」の合唱は、Genさんの伴奏で。伴奏ありは初の試みではないでしょうか。
只見会9加工


壁には、以前イラストを手がけた、只見町ブナセンターの四季のポスター&ユネスコエコパーク登録前のシンポジウムのポスターを貼らせていただきました。
準備に際して、婦人会館のスタッフの方にとても良くして頂きましてありがとうございました。
只見会11


今回、主催者側として参加させて頂くことにより、事前打ち合わせ等も参加させて頂き、今後のふるさと只見会についても色々思うこともありました。とても良い機会を頂き感謝しております。

ところで今回、一番嬉しかったのは、早乙女踊りの伝統が残る地区の一つである小林出身の方に、早乙女踊りの描かれた冬のポスターを欲しいと言って頂いたことです。

poster冬



自然だけではなく、もっともっと町に根ざした伝統や文化などのイラストも増やしていくつもりなので、ご期待ください。














テーマ : 福島県只見町
ジャンル : 地域情報

11/12(土)&13(日)まるごと南会津観光PRフェア@上野恩賜公園





この紅葉真っ盛りのある晴れた日
会津フェア6


まるごと南会津観光PRフェア@上野恩賜公園に行ってきました。もう第6回目くらいのようですが、私は3回目くらいかな?

■開催日時 :11/12(土) 10:00~17:00
 11/13(日) 10:00~15:00
■会  場 :上野恩賜公園 噴水前
■出  店 :・南会津4町村の特産品
 ・南会津食堂ほか
■催  し :・南会津のゆるキャラステージ
・檜枝岐歌舞伎 ・田島太鼓龍巳会
・早乙女踊りほか



この盛況ぶり
会津フェア7

この人だかりの向こうには、我らが只見町のブナりん
会津フェア1

めっちゃ向こうにはコケるブナりん。
会津フェア16

ちょっと向こうでコケるブナりん。
会津フェア17

ブナりんの歌もかかってました。登場も神がかってました。
会津フェア2



知り合いがお子さんと殆ど毎回行っているのだけど、お子さんは、南会津のキャラのんだべぇんだべぇ体操にハマってる。んだべぇは愛嬌もあって可愛いしね。

やはり今度はここでブナりん体操を見たいな。


その他にも福島県のキビタン八重たん
会津フェア4


下郷町ゆるキャラ「しもごろう」も可愛いんだよね。
会津フェア14
お尻に、名物しんごろうの串が刺さってるのはしらなかったw



さて、今回実は、このブナりんのうたを作った玉木君も来てくれての南会津フェア鑑賞。

『ブナりんのうた』 歌唱:松下恵美 作詞:松下恵美 作曲・アレンジ:玉木和志

ブナりんのうたは、この度、英語バージョンも出来まして、今後の活躍が楽しみですね。

只見の皆さんとご挨拶したり、知り合いも来てくれたりで色々してたからか、気が付いたら、上で紹介したゆるキャラ以外のステージの写真撮り忘れてる。。。

今回も素材として早乙女踊りの写真がもっと欲しかったのだけど、仕方ない。次回また来ます!



食べ物調達は、ヤマサ商店マトンケバブ、しんごろう等々、只見や他の南会津の名産を堪能しました^^
会津フェア9

会津フェア13

会津フェア12

会津フェア5

只見町のブースに行ったら、ブナりんグッズを頂きまして、いつも南会津観光PRフェアに来てくれる知り合いのお子さんにあげたら大喜び。これは嬉しいね。
彼らは、明日も来るらしいw
会津フェア10


こちらはその只見町のブース。盛況^^
会津フェア3
実は、この写真の手前のそば粉の袋にも私のイラストが貼られているのですが、更にお客様がいらしたのでアップは撮らず。写真はまたの機会にでも。


ところで、先日本当に偶然に会った会津若松での高校の同級生、鈴木ミチさんの曲、「会津の酒よ」。
CDは前回ステージ見た時になかなかイイ曲だなと思って買ってた物ですが、南会津フェアの会場でメッチャかかってて、口ずさんでしまいましたよ(^O^)
会津フェア0



さて、ステージ以外にもずら〜っとブースが並ぶ南会津フェアの会場、玉木君と色々物色しながら歩き回っていた時に見つけた足湯の入り口。
会津フェア15

の、反対側!

私がイラストを手がけている、只見町ブナセンターポスター、新作の秋バージョンがパネルになってました~(^O^)

IMG_4777.jpg

IMG_4776.jpg

IMG_4774.jpg

成る程、早乙女踊りがステージで催されるからでしょう、冬バージョンのパネルもありました(^。^)
IMG_4775.jpg



そして、2/11、12は只見ふるさとの雪まつりです^^

IMG_4778.jpg


テーマ : 福島県只見町
ジャンル : 地域情報

東京から只見通信 ー念願の八十里越県境 只見を巡る旅3ー ついにやってきたその瞬間



只見を巡る旅 
~布沢(ふざわ)癒しの森と河井継之助記念館、八十里越~ 
2日目



2日目
八十里越県境
河井継之助記念館〜外山修造 没後100年企画展〜
塩沢 山菜まつり
手打ちそば処 八十里庵



月日が過ぎるのはこんなにも早いのね^^; 司馬遼太郎もびっくりの、実は6月上旬の出来事、念願の八十里越県境 只見を巡る旅 最終章^^;


ところでもう忘れてる方、これは三条の秘境八十里越体感バスツアーとも、只見町観光まちづくり協会の八十里越通り抜けツアーとも内容も違うのであしからず。
それぞれ別途行きたいのですが、9月までは忙しすぎたし、気づいたら10月の只見からのツアーは満員御礼、三条は集合&解散場所の道の駅までの移動手段が。。


なので、私としてはとっても貴重だったこのつあー、お待たせしました、いよいよ、八十里越県境へ!


みなさんがヘルメット装着されてる姿を目の当たりにして抑えきれない高揚感!
IMG_0020.jpg


心を落ち着かせようとするも、
IMG_0024.jpg


ボルテージぐぃぃ〜ん⬆︎
IMG_0022.jpg


この緊迫感漂うシーンに張り裂けそうな期待感!
IMG_0025.jpg



トンネルを抜けるとそこは・・・・・





キター!キター!キター!キター!
キター!け・ん・きょ・う!県境!! ^o^
県境のトンネルを抜ける前も後も雪国だよ!!^o^
IMG_0037.jpg
道路オタクでも山オタクでも県境オタクでもなんでもないけど、何かね、この興奮^^

やっぱり、この時しか見れないものって魅力あるよね。開通したらもう見れない景色だもんね。この自分の目で、脳で、記録したくなるよね。


と言いつつ、メモリに記憶^^
IMG_0033.jpg

IMG_0039.jpg


道路の向こうにまだ雪があったの。わかるかな、白っぽいやつです。
IMG_0032.jpg


ここどうやって登るの、登れるの^^;
IMG_0027.jpg


古道か中道か新道か忘れましたが、かつての八十里越の道だそうで、バスの走ってる窓越しに、それっぽい看板を捉えましたが、スマホカバーの反射の方が目立つな・・・
でも、新旧入り混じりで、これは今後の八十里越ツアーも楽しくなるだろうね~
IMG_0046.jpg


県境の空気を堪能したところで、ツアーは河井継之助記念館へと続きます。
IMG_0050.jpg


途中、足元の植物が、只見線不通区間を物語っていて物悲しさを感じながらも・・・
IMG_0048.jpg
新潟・福島豪雨被害後、タクシー代行してる区間)


河井継之助記念館では、外山修造 没後100年企画展もやってますよ。
IMG_0792.jpg

11月13日まで。まだまだ間に合う^^
IMG_0051.jpg


詳しい説明を聞きながら、ツアーの充実さを満喫^^
IMG_0060.jpg



この眺め。壮大なブログが書けそうだ。
IMG_0054.jpg
「峠」の前は時間がなくて来られず、「峠」の終了数年後に只見に来られたらしいです。


会津藩主松平容保のご子息(なのですか?)の方の書らしい。
IMG_0058.jpg

うしろ。
IMG_0057.jpg

長岡つながりか山本五十六の名もあります。
IMG_0055.jpg


ところで、この辺は今年2回目ですね
IMG_0052.jpg

今年1回目は冬でした
IMG_7576.jpg
河井継之助記念館は冬季休館してますが、ミニ(というにはでかすぎる壮大な)雪像 by 塩沢観光協会を撮りにきた。


すぐ近くで塩沢 山菜まつりをやっていて、急遽立ち寄り。こういうのも楽しいね~
IMG_0066.jpg
そもそもの行事内容としては、ワラビ採りがメインみたいですね。


他の方々と色々お話ししてたのもあって、私としたことが、写真が思ったより少ない^^;
IMG_0065.jpg

IMG_0073.jpg

IMG_0067.jpg


> < マムシ鑑賞 > <
IMG_0068.jpg


私はツアー後、只見からは列車で東京戻りますが、車で来られている方々はお土産も兼ねて結構な量買われてました。
隣の方の戦利品をパチリ。
IMG_0075.jpg


くるみゆべしがレンジで簡単にできるよ、クックパッドに載ってるよ、と茅ヶ崎から来られた方に聞いたので、試してみたくて買ってみた。ゆべしだけは消費できない量だったけどw
IMG_0104.jpg



その後、手打ちそば処 八十里庵で昼食^^ お庭も最高ね❤️
IMG_0077.jpg

IMG_0078.jpg


手打ちそば処 八十里庵で・・・芍薬のピンクの美しさに目を奪われて・・・ありゃ、肝心のそば撮るの忘れた^^;
IMG_0079.jpg

IMG_0086.jpg


店内のパネル展示も目と頭の保養
IMG_0090.jpg

IMG_0089.jpg


お土産に、日本芍薬と日本ミツバチの飴を購入しました^^
IMG_0094.jpg


今、只見で結構芍薬栽培流行ってるね。
IMG_0097.jpg
ちなみに私は、植物は全然詳しくありません。。


その後、湯ら里へ戻って解散、楽しい旅も終わりに近づき、東京へ向かいます。


電車なかなか来ないぜ&のんびりしすぎてたらそろそろ来ちゃうぜの図
IMG_0103.jpg


でもこのツアーでのちょっとした出会いと、東京までの車中の出来事が、更なる未来への布石となるのです。
(それは確実。だってもう10月なので^^ これからの出来事はまた)



なかなか興味ある記事なのでリンク
八十里越体感バスへの協力 長岡国道事務所調査課

司馬遼太郎 没後20年 第一回 「峠」王クイズ選手権


ブログ内「念願の八十里越県境 只見を巡る旅」
過去記事リンク
東京から只見通信 ー念願の八十里越県境 只見を巡る旅1ー
くろもじはやめられない


東京から只見通信 ー念願の八十里越県境 只見を巡る旅2ー
癒しの森へは果たして何回行っていたのか。そしてモチの話




テーマ : 福島県只見町
ジャンル : 地域情報

東京から只見通信 ー念願の八十里越県境 只見を巡る旅2ー 癒しの森へは果たして何回行っていたのか。そしてモチの話



只見を巡る旅 
~布沢(ふざわ)癒しの森と河井継之助記念館、八十里越~ 
2日目



2日目
八十里越県境
河井継之助記念館〜外山修造 没後100年企画展〜
塩沢 山菜まつり
手打ちそば処 八十里庵


八十里越の写真がくると思いきや・・・



・・・まだこないんだな、これが。
すみません。。


癒しの森へは果たして何回行っていたのか。

前回、
>で、思い出したけど、春先の雪がある頃も行ってるから、過去に3回行ってるかも。
と漏らしていた癒しの森、宣言通り、調べてみました。
えらい。




二回でした。。。。

一回目は、2012年5月3日。二回目は、”国界のブナ自体は2013年春に倒れてしまって、以前そこまで行った” 時と、”春先の雪がある頃も行ってる” 時が一緒で、2013年5月5日のブナの新緑ツアーの時でしたか。

ま、そういうわけで、今回は三回目の癒しの森でした。



さて、本題。
でも、私より山に詳しい方は山ほどおられると思われるので、その辺疎い私は脱線気味に進めますが、そもそも八十里越は、現在の国道289号線にほぼ重なる峠道ですが、峠の部分は車道としてはまだ通じていません。
まだ何年か先ですけど、やっと開通の目処がついたみたいです。時代によって、古道、中道、新道とあるらしいですが、江戸時代に使用していて、河井継之助が越えたのは古道。

そしてまとめるとこういうことらしい。

八十里越
古道 江戸時代に使用 
   河井継之助のほか長岡藩一行が越えた
   浅草岳登山口から沼の平までの登山道と重なるが、
   沼の平から先は廃道
中道 明治14年~27年まで使用
   すぐに廃道
新道 明治28年に開いた道
   松ヶ崎・木の根峠を通る現在の峠道
新八十里?! 県境トンネル


新潟県の魚沼と只見をつなぐ国道252号、六十里越は以前よく通りましたけど、八十里越は全く(国道でも車道通じてないしね)。

中学の時かな、途中にある叶津(だったと思うんだけど)の友達の家に自転車で遊びに行く際、国道から入った道はあまりにも寂しい山道が続くので、こんなとこに人が住んでいるワケがない、絶対間違えた、と思って引き返したら、更にその先だったことや、その友達のお家のさらに先にも集落があることを知った時のカルチャーショックたるや、同じ町内に住む身にも計り知れないものがありました。
ちなみに面積は東京23区よりでかいそうで、若い頃はそう思うのも仕方ないでしょう~

テレビでもしかしたらご覧になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、知られざる国道(酷道)の旅4で武蔵さん、内藤大助さん、飯田なおさんが歩こうとしたところです。
【国道289号】[福島県~新潟県]武蔵、内藤大助、飯田なお

で、雷雨で途中で断念したところです。

 

国道289号八十里越 三条市観光係

最終更新日:2013年5月23日
ここにいい具合に情報が色々まとまってます。さすが。
(国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所「八十里越を翔る」パンフレットより)って書いてあるけど、これかな。

なぜか持ってる。「八十里越を翔る」
IMG_0793.jpg
平成16年(2004年)版と平成11年(1999年)版

IMG_0799.jpg



今回はまだ普段は行けない、県境まで行くのです!



さて、そんな朝。


温泉入ってたら、餅つき見るの逃した。
(餅つきは昔やったし見たしね)
IMG_0011.jpg

そのもちも朝でます。
IMG_0012.jpg

今日は
つゆもち
あんこもち
きなこもち
納豆もち
おろしもち
くるみもち

IMG_0017.jpg

そう言えば、東北って全般的にもちの種類結構あると思う。

磯辺焼きって何だか知らなかったけど、なんてことはない、
のりもちのことだった。
お雑煮って何だか分からなかったけど、なんてことはない、
つゆもちのことだった。

ちなみに、あんこもちは甘ったるいので、あんまり食べないですが、食べるとすれば、くるみ(をすって水で溶いて塩を加えたものでちょうど写真のような感じのをアクセントに)掛ける派。

小さい頃、カレーもちが夕飯に出てたんで、それも地域ものかと思ってたら、隣のSさんちではやらないらしいから、どうやらうちだけらしい。



ではいただきます。
IMG_0016.jpg

IMG_0014.jpg



次回、やっと、やっと、八十里越県境へ!
+河井継之助記念館
+塩沢区&十島区 山の幸山菜まつり
+昼食

テーマ : 福島県只見町
ジャンル : 地域情報

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる