fc2ブログ

日帰り散策隊 9/9→12/7 ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生 @ 渋谷Bunkamura ザ・ミュージアム



このタイミングでこの人に出会うとか、このタイミングでこの情報を知るとか、あの人との出会いが今につながるきっかけだったなあとか、今思えばあの体験が転機だったなあとか、思い返されることがあるんだけど、この展覧会は私にとって、今後、ふと何かの折に思い返すんだろうな、と感じれるものでした。


高校時代の友達の影響で、安野光雅旅の絵本の楽しさにハマり、その後、安野光雅の書籍や何かでブリューゲル(家族)を知り、国内、海外それぞれ一番好きな人をあげるとすると、今でもその2人になるわけで。

ブリューゲルからボッシュ(今はボスというらしい)は知ってたんだけど、今回、見覚えのある感じの絵を電車の広告で見て、メモ(というかパチリ)しておきまして。

IMG_3119.jpg


ウィーン美術史美術館は、ブリューゲルが見れるってことで、昔から行きたいとは思っていたのですが、まあ、大抵の「~したい!」系の出来事はそれ止まりなもので、しばらく頭のほんの片隅にあるかないか程度でしたが。ポスターの絵を見た瞬間に、記憶がブワッと呼び起こされまして。

実際、この絵はボスではなくて、ヒエロニムス・ボスの模倣者とあるように、ボスの快楽の園という画から引用して描かれたものらしいですけど。
ボスの絵は、はっきり言えば、気味が悪い感じなので・・・、そこが私の中では一番になり得ない所以なんですが、やはりその創造性と影響力は偉大だなあと敬意の念を抱かざるを得ないのですよね。

そしてナント!2016年はヒエロニムス・ボス没後500年らしいです。史上最大規模のボスの回顧展だって、いいなあ・・・
オランダ。



で、気を取り直して。

行ってきました!
ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生渋谷Bunkamuraザ・ミュージアム

IMG_5147.jpg

IMG_5150.jpg

IMG_5158.jpg

IMG_5202.jpg


今回の展示を見進めていくうちに、今、シリーズで勝手に書いている只見の絵は、もしかしたら、この辺の、学生の頃に安野光雅から始まった趣向が今になって形になって来ているのではないかと震えがきて、月暦画を見てガツン!と来て興奮のあまり解説文がなかなか頭に入らずw、時禱書を見て、出会う運命ってこれか!と思うくらい興奮してたんだけど、美術館なので、外見は冷静。
今まさにこれに出会うために、自分のあの行動や他人のあの行動があって、自分をここまで導いたのかと錯覚しましたよ。


只見イラストを始めた時は、只見町(Tadami Town)のような、只見に関わるイラストに、現在は名前の付いている犬キャラ、チャとシロを組み合わせたものだったのですが、作品が増えていくうちに、下のイラストのようにどんどん細かくなっていって・・・

只見ダム400

水辺林400

三石神社400


段々と絵なのか写真なのかぱっと見分からないくらいになって、だったら写真でいいじゃん、と行き詰まってしまい、その頃には只見町ブナセンターの方々とも交流するようになっていたので、ひとまずこのシリーズはお休み。

その約1年半後、ブナセンターのポスターイラスト(春夏)が生まれたわけなんですが、ただこのイラストは当時のブナセンターの館長さんと、只見の地形をこよなく愛するw takiguchiさん(いきなり名前を出されても・・という方に、前回のtakiguchiさんとのイベント、秋の芸術祭)のご助言無くしてはできなかったですけどね。お二人には本当に感謝です。


折角なので、今度はこの「地域イラスト- 只見」シリーズで作品を増やし、来年またブルースライブ& イラスト展示 第五弾を、と計画してるわけで。しかし、もともと殻を破れないタチなのか、気を抜くと写真寄りになってる。。。イラストだからできる「良い加減」がなかなか掴めず、試行錯誤しているわけで。

風景画の誕生タイトルで、自分の話でここまで引っ張ってきてしまいましたが、皆さんお待たせしました。そんなまだまだ固い頭で見た月暦画や時禱書は、まさに脳みそにドンっ!と衝撃が来て、ああしようかこうしようか的なアイディアがボコボコっと湧き上がってきて、まあ冷静ではいられなかったわけです。
歴史を遡ってますけどね。


そして、この衝撃を忘れないよう、書籍、大人買いしてしまった・・・。

IMG_5200.jpg

IMG_5201.jpg

IMG_5203.jpg

IMG_5204.jpg

金持ちだな!とかイヤミ言わないでww、アイディアを形にするのもまだ試行錯誤ではありますが、これからの「地域イラスト- 只見」シリーズに期待してくださいw


そして、やはり、気味が悪いとか言っておきながら、買ってしまった。
レシート入れにしよう。
IMG_5205.jpg


単純に、文字通り物語があり、それが沢山沢山詰まった絵が好きなんですが、ブリューゲルだけを切り取っても十分面白いのに、その前後の背景や因果を、風景画の誕生と発展として捉えるは本当に興味深い。
普段あまり絵に関心がない人や鑑賞しない人でも、すごく興味を持てる視点だと思う。


でも、どうして旧約聖書の楽園は桃源郷みたいなのに、新約聖書は閉ざされた部屋なんですかね。まあこれは聖書の話だけど。

ブリューゲルについて参考:どなたかのHP
北イタリア、フランス、ベルギーの旅 (14)

ピーテル・ブリューゲル Pieter Brueghel the Elder



一つ教訓。メガネは(ペーパーDなので)運転免許更新の時くらいしか使ってないのですが、視力が落ちてきて、パネルの字を読むのが大変。やっぱり今後、メガネ持って行かないとダメだな。。


図録買ったら入ってたカード。実は次回に・・・
IMG_5199.jpg


つづく。
スポンサーサイト



テーマ : お出かけ
ジャンル : 旅行

チャとシロの日常 〜お菓子編〜 - Everyday Cha and Shiro - 〜sweets〜





03 シロ&チーズケーキ 
Shiro & Cheesecakes
cheesecake.png


04 チャ&シュークリーム
Cha & Cream puffs
creampuffs.png




facebook ページ/Facebook page
チャとシロの日常/Everyday Cha and Shiro

犬のチャとシロは幼なじみ。食いしん坊でお調子者のチャと一人旅好きでマイペースなシロはとても仲良し。そんな2犬の日常のイラストです。
Two dogs named Cha and Shiro are old playmates. Goofy and food loving Cha and relaxed and travel loving Shiro are the best of friends. The illustrations show what they get up to everyday.


LINE ストア
第一弾 チャとシロの日常
第二弾 チャとシロの日常 -おウチ編-

LINE Store
The first set
Everyday Cha and Shiro
The second set
Everyday Cha and Shiro -At Home-


イラストセットダウンロード - 370 × 320 (png)
チャとシロの日常 イラストセット 
チャとシロの日常〜おウチ編〜 イラストセット 

Creative Commons images download
Everyday Cha and Shiro image set
Everyday Cha and Shiro -At Home- image set


クリエイティブ・コモンズ ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Aki Kanke 作『チャとシロの日常 (Everyday Cha and Shiro)』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

以下の条件にて作品をご利用いただけます。
表示(BY)作者や作品に関する情報の表記
非営利(NC)非営利目的での利用
改変禁止(ND)作品を改変しない


# License
チャとシロの日常 - Everyday Cha and Shiro -
AkiKanke (CC BY-NC-ND 4.0)

ご利用についてのお問い合わせ等につきましては、Facebookページよりメッセージでご連絡ください。


Creative Commons License
Everyday Cha and Shiro by Aki Kanke is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

free to Share — You may copy and redistribute the material in any medium or format
Under the following terms
Attribution (Redirected from BY) — Give appropriate credit, provide a link to the license
NonCommercial — You may not use the material for commercial purposes
NoDerivatives — If you modify materials, you may not distribute them.


# License
チャとシロの日常 - Everyday Cha and Shiro -
AkiKanke (CC BY-NC-ND 4.0)

Any questinos about using the images, please send messages through Facebook.

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

チャとシロの日常 〜お菓子編〜 - Everyday Cha and Shiro - 〜sweets〜




01 チャ&ショートケーキ
Cha & Strawberry Sponge Cake
1.png


02 チャ&チョコレートケーキ
Cha & Chocolate Cakes
2.png



facebook ページ/Facebook page
チャとシロの日常/Everyday Cha and Shiro

犬のチャとシロは幼なじみ。食いしん坊でお調子者のチャと一人旅好きでマイペースなシロはとても仲良し。そんな2犬の日常のイラストです。
Two dogs named Cha and Shiro are old playmates. Goofy and food loving Cha and relaxed and travel loving Shiro are the best of friends. The illustrations show what they get up to everyday.


LINE ストア
第一弾 チャとシロの日常
第二弾 チャとシロの日常 -おウチ編-

LINE Store
The first set
Everyday Cha and Shiro
The second set
Everyday Cha and Shiro -At Home-


イラストセットダウンロード - 370 × 320 (png)
チャとシロの日常 イラストセット 
チャとシロの日常〜おウチ編〜 イラストセット 

Creative Commons images download
Everyday Cha and Shiro image set
Everyday Cha and Shiro -At Home- image set


クリエイティブ・コモンズ ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Aki Kanke 作『チャとシロの日常 (Everyday Cha and Shiro)』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

以下の条件にて作品をご利用いただけます。
表示(BY)作者や作品に関する情報の表記
非営利(NC)非営利目的での利用
改変禁止(ND)作品を改変しない


# License
チャとシロの日常 - Everyday Cha and Shiro -
AkiKanke (CC BY-NC-ND 4.0)

ご利用についてのお問い合わせ等につきましては、Facebookページよりメッセージでご連絡ください。


Creative Commons License
Everyday Cha and Shiro by Aki Kanke is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

free to Share — You may copy and redistribute the material in any medium or format
Under the following terms
Attribution (Redirected from BY) — Give appropriate credit, provide a link to the license
NonCommercial — You may not use the material for commercial purposes
NoDerivatives — If you modify materials, you may not distribute them.


# License
チャとシロの日常 - Everyday Cha and Shiro -
AkiKanke (CC BY-NC-ND 4.0)

Any questinos about using the images, please send messages through Facebook.

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

11/20(金)洋書屋さんでのブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books and Cafe 告知




2週間も風邪をひいている間に、中国語検定の受験票が届き、いえ、その前に、新曲を携え(る予定)ての!



洋書屋さんでのブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books and Cafe

Aki Kanke & Gen
November 20, 2015 @ 8:00 pm
Infinity Books and Cafe



GEN:ハーモニカ & ギター
Aki Kanke: ハーモニカ & ボーカル


>>Infinity Books and CafeのHPのカレンダーに記載されている紹介文ができあるまでの経緯にご興味がおありの方はこちら、以前の告知へ。

>>もう一人のソロ奏者、GENさんとの出会いにご興味がおありの方はこちら、初共演の告知へ。

追加しました❤️
浅草 Infinity Books and Cafe への道
で、その後、都営浅草駅からだとそんなに変わらないけど、ちょっと近いかもなルートを知ったので、今度時間あるときにそのルートも追加しようと思います。


Aki_Gen_3rdFriday.jpg


Aki Kanke: ハーモニカ & ボーカル 🎵video
もしハモソロという言葉を聞いた事があるなら、それは彼女が表現する自身の演奏スタイル、ハーモニカ&歌ソロの、いわゆる無伴奏独り吹き語り。スロー、シャッフル、8ビート、ジャズよりのものまで、年代や地域の区別なく、様々なタイプのブルース曲を演奏する。
ジャムセッションやライブでの活動の他、すみだ・ストリート・ジャズフェスティバルを含め、各地ジャズフェスにもハモソロで出演。自身のイラストを使用したポスターやLINEスタンプ、ロゴなどの作品も手がけ、ブルースライブ&イラスト/写真展示などのアートイベントも行う。


Aki Kanke:Blues Harmonica & Vocal
Have you heard of “Hamosolo”? It’s playing harmonica & singing with no backing music and is how Aki describes her style. Slow, shuffle, 8 beat, similar to Jazz…. doesn’t matter when or where it’s from Aki plays a wide variety of Blues.
She has performed at Jams, with bands, and at Jazz festivals including the Sumida street Jazz Festival. She also has a talent for illustrations - posters, line stamps, logos - and is interested in art events. If you are also interested in such an event, please let her know.



GEN:ハーモニカ & ギター 🎵video
ハーモニカ・ホルダーにアコースティック・ギターという昔ながらのフォーク・シンガーを思わせるスタイルだが、弾き語りならぬ「弾き吹き」というユニークなスタイルでインストルメンタルを演奏。
レパートリーも多岐に渡り、各国の伝統的な音楽を中心にジャンルを問わず実に幅広い。この独自のスタイルで、2012年 第32回 FIHハーモニカ コンテスト 「ブルース・ロック部門」で優秀賞を受賞。
各楽器によるバンド活動、指導、サポートの他、ジャム セッションにも積極的に参加。ブルースバンドではボーカルも兼ねる。


GEN: Blues Harmonica & Guitar
You might assume looking at Gen holding his acoustic guitar with a harmonica in a mouth holder that his play style is like old folk singer and musician. But his unique style of instrumental music is what he likes to call “HikiBuki”or Play & Blow.
While he mainly plays traditional music from around the world, he enjoys a wide range of music regardless of the genre. For his unique style he won the award in the Blues and Rock category at the 32nd annual FIH Harmonica Contest held by F.I.H. Japan.
He joins jam sessions, plays and sings in bands and also teaches.



Infinity Books and Cafeは、浅草(本所吾妻橋)洋書屋さんですが、奥に入ると、カウンターやテーブル席があり、飲み物片手に、音楽や会話を楽しめます。もちろん、洋書の購入もいただけます。今週末・・いや、毎月第三金曜日は、Infinity Books and Cafeでお待ちしております!


そして実は・・Infinity Books and Cafeでは、他にも色々音楽が楽しめますよ。詳しくはInfinity Books and Cafeのイベントカレンダーでどうぞ。

テーマ : BLUES
ジャンル : 音楽

地域イラスト- 只見 No.3 スポーツパーク(福島県只見町)


スポーツパーク -Sports park-

トレースsports2
Illustration by Aki Kanke


福島県只見町
福島県の西南、新潟県との県境の豪雪地域に位置する町。2007年に「自然首都・只見」を宣言、2014年にはその自然環境と資源、共にある住民の暮らしや文化は、現代の世界環境のなかでも特に貴重であるとされ、ユネスコ(国連教育科学文化機関)が実施する「人間と生物圏計画」の中心事業である生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)に登録される

Tadami, Fukushima pref.
Located in a heavy snowfall region in the south-west of Fukushima prefecture on the border with Niigata prefecture. Declared「Shizen shuto・Tadami( Capical of Nature・Tadami)in 2007. Its natural environment and resources together with the life and culture of its residents were judged particularly valuable among the modern world environment, In 2014 it was designated as a biosphere reserve under the Man and the Biosphere Program. UNESCO’s Japan committee calls them eco parks.

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook