fc2ブログ

田子倉ダム

科捜研が終わらなかったので、ガイアの夜明けを途中から見て、滝沢ダムの地滑り災害のニュースを見た。


ダムと言えば、田子倉ダム

で、このダムが好きかと言われると、どちらかというと、良い思い出ではない方はちょくちょく思い出す。

生まれ故郷は面積は広いけど人数が少なく、町役場に勤めていた親は、まあ、顔が知られてる方なのです。
親も得意ではないみたいだけど、弟や、高校で出た私は特に田舎付き合いが特に苦手で。

自動車免許取り立ての時、バックとか車庫入れの練習の為に、弟とわざわざ人気(ひとけ)のなさそうなダムの上の駐車場にまで行ったのに、練習してたら、向こ~の方から土産屋で働いているおばさんが、「誰かと思ったら、○○さんとこの子か~」と寄って来て、弟と一緒に、ここもダメか・・・と失望した思い出です。

そして、この積み重ねは結構トラウマです。。。




ダムに向かう、くねくねした道とかは好き。
何か、バイクの人とか来るみたいだけど。

景色も良さげですよ。


田子倉ダムの下に沈んだ51戸の1つはじいちゃんの家でした。

当時、ダムを作る側は、山の奥だからと高を括ってたらしいですが、実は結構裕福な集落だったらしい。
カモシカとかの狩猟や現金収入になる山菜なんかが採れたので、電話の普及率も当時の全国平均からみると高かったとか。51戸なわけだとしても、あるのがすごいって事なんだろな。でもって、教育に関心のある人も多く、子に学歴をつけさせる親も多かったとか。

長男でもなく、婿養子でばあちゃんと結婚したじいちゃんは、立退料は関係なかったらしいです。


特設か常設か分かりませんが、今度オープンする歴博第6展示会には田子倉ダム・田子倉水没集落再現模型が展示されるとか。
行ってみる?


ちなみに田子倉ダムの下流、只見ダムには、同級生のHの実家が沈んでいます。








スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

10年以上前に銀山湖の帰りに寄りました。
銀山湖には夏だというのに雪渓も残ってたです。
釣果は残念ながら小さい岩魚だけでした。

No title

銀山湖ってどこかと思ったら、ヘリで行ったら隣町の檜枝岐ですか。
地図上は隣接してるのに、車で行くと隣町ではないんですよね~。

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook