fc2ブログ

たのしく中国語 ~最初のテキスト~


一番最初に買ったテキストは、超入門なのに難しくて挫折。。。



で、見つけたのがこれだ。


リズムに乗ってみるみる身につく 新発想 中国語の発音
DSC00690.jpg


みるみる身につくかはその人次第として、とりあえず、急遽休みとなった2日と合わせて4日間、できるだけ聞いて真似してました。


覚えるのは普通の文章とかでなくて、ことばあそび歌のような感じ。

いくつかお気に入りがあるんだけど、その中の1つの日本語訳はこんな感じ。

竜好きのロンロン、夢をみた、
夢に見たのは それはそれは
それは たくさんの竜。

日本語だけで見ると分からないけど、中国語の方は、それぞれの課で覚える子音や母音を使ったリズミカルなものになっています。この文は、「很多、很多」のリズムのタメと繰り返しが好き。



韻は踏んでるし、冒頭の行を繰り返す3行詩・・ブルースじゃん!的な詩もあって、そう思うと(私はww)また楽しい。そういう詩の形やリズムって、何か耳に楽しい共通言語なんでしょうかね。




休み明けに、地震で他の人が帰ったにもかかわらず、飛行機のチケットが取れなくて帰れず出勤していた中国人Yさんに一日一文言ってみることにした。

4日間でいくつか覚えたけど、一日で複数言っちゃうとすぐネタが無くなっちゃうから、小出しで、一日一文。


そうこうしているうちに他の同僚も帰ってきて、今振り返ると、今まで8人に試したのだけど、私の発音の良し悪しは別として、これ、かなり評判&くいつきがいい。やはり文章自体が面白いらしく、みんな、どこで覚えたのか興味津津でした。




これで大体3週間~1カ月は楽しめます。





次回は~この本を使ってみての感想などを少々。




スポンサーサイト



テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook