FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルースの歌のはなし ”私”の歌




ブルースの歌のはなし 〜プロローグ〜
ブルースの歌のはなしカテゴリ(過去の記事)


ブルースの歌のはなし ”私”の歌



前回、次回は”私”の歌であるブルースについての話題と予告しましたのでね。

ブルースは、私、私、私、と自分の事を歌っている歌が多いですが、単なる一人称代名詞による表現ではなく、自分の名前を入れて自分の歌にしていることが多々あって、それがまた、個々の歌い手の味が出てて面白いなあと思ったりします。

いい歌は歌い継がれる中で、それぞれの歌い手が自分の状況に置き換えることで、生気に満ちた自分自身の歌になる。人々はまた自分の歌として受け止め、さらに歌い継がれる。

と言っておけば、聞こえがいいかな。


前回のCry me a river blues 2ですでにネタバレしてますけど、

Sonny Terry(サニー・テリー)のRide & Rollの場合

♪ When that bus roll up Ol' Sonny come walkin' out

で、こちらはEsther(エスター)

♪ When the jet flies in and Esther comes waling out


ちなみに、この2曲は自分でも歌ったりしたのだけど、Sonny TerryのRide & Rollはそのまま、つまりOl' Sonnyのままで歌っています。最初はどうしようか考えたけど、この曲はどちらかと言えば歌詞よりもリズム&ノリに重点を置きたいので、まあ、どの部分によりこだわるかで決めてます。

これについては今後多分書くけど、男性の歌を男性に扮して歌うか、女性側に変えて歌うかという選択にも似てるかな。

で、Sonny Terryみたいにバスとか電車なら他の人も乗ってて常套句だからまだしも、Estherに関しては、ジェットに乗ってるし、歌い方もリズムも何もかもエスター色が強すぎて、もろ彼女の歌な感じがするので、やっぱりこれは彼女に扮して歌う歌詞では少し違和感がある。
その前の、♪ I know my baby is gonna jump and shout の部分は、個人的に特に好きな言い回しというわけでもないwwので、歌うとしても、このコーラスは省きます。


で、ブルースの歌のはなし Cry me a river blues 1でもちらっと出てきた、Early in the morning(ちなみに、朝は何かとブルーになるものですが、これはLouie Jordanのやつ)で、食事に行くくだり。

Louie Jordanの場合

Went to jenny lou's to get something to eat
The waitress looked at me and said, "pops, you sure look beat"

popというのは、親戚のおじいさんとかの意味で、popsだとよりスラングぽくて、そこらへんの自分よりおじさん(年上)の人を言うらしいす。

Joe Williamsの場合

I went to a restaurant to get me something to eat
The waitress looked at me, she said, "Hey Joe, you sure look beat"

BBの場合

(自分で持ってた音源のバージョン。Louie Jordanのトリビュートのやつかも)
Went to Jenny Lou's to get something to eat
The waitress looked at me, she said, "BB, you sure look beat"

でもリンク先のEARLY IN THE MORNINGはBETみたい。
Went out to BET and try to get something to eat
The waitress looked at me, she said, "BB, you sure look beat"

Buddy guyの場合

・のバージョンは聞いてないけど、Bob Evans(リンクはこれかな)とかいうレストランに朝早く行って、
I went to Bob Evans to get me something to eat
The waitress looked at me said, "Buddy, you sure look beat"


でもって、私も実際に真似して、過去に一回だけ、バンドにかき消されるくらい小さい声でw自分の名前を入れて歌ってみたけど、とてもじゃないけど恥ずかしくてダメだww 

まだまだです。。。。いや、それが自分、個性ですねw


ちなみにこの人達、いなくなった彼女を探しに、思いつく場所は全て訪れ、勿論かつて住んでた家にももういない。彼女の友達はあてにならない、人に聞いてもわからない。もう探し回る金も底を尽き、途方に暮れてクタクタになった朝を迎えているわけで。でもJoe Williamsによると、I mean it’s after 12 am babyと言っているようだけど、それって朝かな?
まあ、いいか。しかし、Joe Williamsの悲痛な声が、叫びが、胸を打つその舌でこの人は、疲れた顔してるねって話しかけてきたウエイトレスに心が動く流れを粋に入れてくるあたり、君は天才か!



自分に置き換えるなら、🎶夜仕事帰りにジムに顔出す度、同じクラスの子が寄ってきて、今日も疲れた顔してるね、だって🎶程度ですけど。。。
ジムだと少し語弊あるけど、仕事終わりに運動しに行くと、同じクラス取ってた人に、よくこう言われたものです。



さて、次回は、自分では歌わないけど、あは!ブルースの歌って面白いんだ!、と思ったきっかけとなった、定番中の定番、Sweet Home Chicagoにしようと思います。


あ、ブルースついでに。
来週2/19金曜は浅草(本所吾妻橋)の洋書屋さんInfinity Books and Cafe でのブルースソロ×ソロ月一ライブ。
Aki Kanke: ハーモニカ & ボーカル
GEN:ハーモニカ & ギター
ご興味がありましたら(出ましたら)是非お越しくださいませ〜



スポンサーサイト

テーマ : BLUES
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。