fc2ブログ

ブルースハーモニカ

ブルーヒートのラストセッション、行ってきましたよ。

もう、込み込みで酸欠状態。
そのセッションの様子は次回のブログにて。


懐かしい人達に沢山会えて、この10年の走馬灯な一日でした。



台東区が主催してたイベントだと思うのですが、毎年楽器を何か1つ選んで、数回の教室を開いた後、参加者がその楽器にちなんだ結構有名なゲストと一緒に演奏するというものがありました。

その、3、4回目くらいだったと思うのですが、1999年はブルースハープでした。教室の参加人数は100人!
教室(イベント)の締めとして、浅草公会堂でその100人が河島英五のバックで演奏したのです。


でもって、教室はブルースハープのプロの先生方が教えるというので、興味があって、台東区と何の関係もなかったんですけど、1/100になったわけです。

先生は、松田幸一さん西村ヒロさん浅見安二郎さんでした。すごいでしょ!


東京を出たり入ったりするようになる前は、ライブやハモニカ合宿なんかで他の方共々お世話になってました。ここ数年はあまりプロの方の生演奏を聴く機会が無かったので、落ち着いたらまた聞きに行き始めたいなと思ってます。





そして、話は戻りますが、なんと、ブルヒのセッションにその当時の知り合いが!!!


ブルースハープ始めてもう10年経ったんだと気づいちゃいました。
まぁ、ありがりな、やらなかったり期間は結構あるけど。


私の中では、当時とセッション時期は場所も時間もかぶってないから、その人と、中央線セッション仲間の一人が知り合いだったのも不思議な感じ。


同じ時期の知り合いでも、セッションでしか会わない方と、セッション以外で知り合った方が話してたりするのも不思議な感じ。

同じセッションでも、普段、台東方面でしか会わない方と、中央線方面でしか会わないが同じ空間いるのも不思議な感じ。



多分、走馬灯って、こんな感じに違いない。






ちょっと検索してみたら、あった、はもらん浅草
あのイベントがきっかけで始まった会です。






スポンサーサイト



テーマ : ブルース・BLUES
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook