fc2ブログ

ポピュラー音楽の世紀@武蔵野美術大学美術館



というわけで、武蔵野美術大学美術館で催されたポピュラー音楽の世紀、行ってきました。

IMG_1687x.jpg


実のところ、レコードを聴く習慣もないし、かつてハマった事もないし、今もうCDプレーヤーすら無いし、ってか、CDすら無いし、専らMacからそのままとか、iPhoneから機能性だけで選んでるイヤホンからの音で何の不満もなく過ごしてるんですが、音云々というよりは、話にちょっと興味があって行ってきました。


お目当はこれ。

IMG_1688x.jpg

8. ブルースからアフリカ音楽へ
アメリカ南部のブルースから西アフリカ~サハラ砂漠のブルースまで
日 時|2015年8月10日(月)16:30~出演者|ピーター・バラカン、田中勝則(モデレーター)

IMG_1690x.jpg


今回の展覧会に合わせて行われた関連企画の第8弾で、企画ものは今日が最終回だそうです。

前半は、中村とうようさんのコレクションのブルースのレコードをかけながら、その背景や解説を交えてお二人の会話が進められたのですが、使われた蓄音機がまた!、展示されてた、恐慌前の1920年代頃にしか作られていない、電気を使用しない、家具感覚の大掛かりでかなり贅沢な蓄音機らしいです〜。
(写真だと大きさがわかりにくいけど。。)

IMG_1691x.jpg


レコードに関しては全くの素人なので、特に詳しくは掘り下げないですが、オーティス・ラッシュ、良かったな〜。

いやいや、あんなに良いオーティス・ラッシュを聞いたのは初めてだ。All your loveは曲も楽しいし、もともと好きだけど、歌も深い感じだったけど、それよりもギターの音がじゅわ〜んっと広がってきてすごく良かった。結構後ろの方の席だったけど、前の方で聞いたらもっと違うのかなあ。

もともと、ブルースシンガーの、少し甲高い感じの声が好きなのですが、とにかく、高い音がすごく心地良い感じでした。

エルモアの声も良かったし、歌声で言うなら、シスター・ロゼッタがやばすぎて最高でした。聞いてたら自然にウルウルしてきた。全身の張り詰めてた筋肉が緩むと同時に涙腺も緩んで、勝手にストレス成分が体から追い出されちゃう感じですよ。すごいパワーだ。

ヘレン・ヒュームズ、ビクトリア・スピーヴィー、マジックサムとか、ミルトン、T-ボーンあたりをこれで聞いたら・・・と想像すると、これはちょっと震える。


もっと色々書こうと思ったけど、明日も真面目にお仕事なので、この辺の、言うだけ言って、想像して気持ち良いとこで終わりにしておこう。


Leadbelly - The Bourgeois Blues
Sister Rosetta - Peace In The Valley
Lightnin Hopkins - Needed Time
Otis Rush - All Your Love
Muddy Waters - Gone to Main Street
Little Walter - Mellow Down Easy
Elmore James - Please Find My Baby
Meade Lux Lewis - Bear Cat Crawl
Guitar Slim - The Things That I Used to Do
Louis Jordan - Caldonia


あ、後半はブラジル音楽(映像)でした。最後のマハラティーニ&マホテラ・クイーンズ良かったな。

いやはや、終わってみたら、まさかのタップリ2時間半! 楽しめました。本当にありがとうございました〜


ポピュラー音楽の世紀の展示自体は、8/16(日)までやってるそうですので、お時間ある方は是非。
展示されてる楽器も興味深かったし、是非実際にその場で見比べてみて欲しいコレクションですよ。
リクエストタイムでは、実際に聞きたいレコードかけてもらえるみたいだし、こういう企画良いよね。

IMG_1692x.jpg


でもあの、展示されてたブルースの本読みたいなあ。手に入らないものかなあ。それだけが悔しい・・。


最後にこちら。

SUKIYAKI TOKYO スキヤキトーキョー2015
ワールドミュージッグを体感できる3日に渡るイベントで、8/25はピーター・バラカンさんもDJで参加されるらしいです。

IMG_1694x.jpg

IMG_1695x.jpg




スポンサーサイト



テーマ : BLUES
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook