FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京から只見通信 ーつる細工&積雪ー



もう実は先月の話になってしまうのですが、用事ついでに、イラスト資料用につる細工の写真を撮りに行ってきました。

つる細工_朝日-400

各イラストは、地域イラスト- 福島県只見町 (Tadami) でも別途まとめた形で徐々に載せていく予定です。


あるルートからw、只見振興センターで只見民芸品保存会が行っているアケビ蔓細工と、別の団体が他の場所で行っている(隠してるわけでなくて、どのようなグループなのかまだよく分かってないだけw)のマタタビ細工&ヒロロ細工のスケジュールを入手したため、それに合わせて日程を組んでいきました。

只見に着いてから、只見振興センターでの集まりと同じ日に、朝日振興センターでもほうきづくり教室が行われる情報を得、実際に行ってみたら、別の部屋ではつる細工も講座も行われていることを知ったので、ここぞとばかりに芋づる式にお邪魔させていただきましたよw。

振興センターでのこういった蔓細工などの講座は冬の間だけで、畑仕事なんかが始まれば人は集まらないそうで。普通に考えれば、こういったものは冬仕事だものね。そんなことも言われなければ思い出せないほど、実用品であるはずのものが、年中売られてる土産物や民芸品みたいな感覚になっている自分にビックリですよ。


さて、実は今週末、また只見に行くので、今回お邪魔させていただいた各団体のイラストをある程度仕上げて、見せられる状態にしたいなと。でないと、ただの写真だけ撮りに来た怪しい人になってしまうww

今週末の主目的は、只見ふるさとの雪まつりに来るダンディ坂野&スギちゃんを見ることだけど、加えて、芸術祭 BLUES LIVE & 只見イラスト/写真展示で写真を担当頂いているTakiguchi Takumiさんとそのお友達が、雪上キャンプ(テント張って寝泊まり:雪まつりのイベントではないです)をするってことなので、多少関わっている自分として、生き証人になってこようかと。

ついでに妹達が毎年作っている雪像(参考ー過去記事:はんにゃの作り方(^□^)゛゛@只見雪まつりミニ雪像コンテスト)と共に、愉快な写真を撮ってきてupしたいと思いますw。妹たちの雪像は、妹の友達が雪まつりに合わせて東京から遊びに来てから製作が始まるため、いつも雪まつり会期中終わるか終わらないかくらいに終わるので、なるべく完成を早めてくれるようお願いしたけどw、どうなるかな。


ただ、今年は、ほんっと~に雪が少ないから、雪上キャンプの醍醐味をどこまで感じられるかというところですね。先月はこんな感じでした。

12507377_10153262684320868_6296325043256827409_n.jpg

1日で少し増えた。
12510356_10153262684330868_3082108111972643009_n.jpg

毎年こんなだったら、ビニールハウス(商売用にしか使わないようなデカくて頑丈なものではないため、パイプ部分も毎年解体&組み直す)もいちいち片付けなくていいのに〜と言ってた。
そんな話を聞いてた横のテレビでは、中通りの方で積雪によるビニールハウスの倒壊のニュースが。同じ県内でもこれですから、今回は積雪量だけど、自然というものは本当に生活に密着しているのだなと今更ながらに感じましたよ。


去年か一昨年か忘れましたが、上の写真と同じ場所。。確かに、冬の生活自体が変わるよね。。
y.jpg


先週、家の周りの積雪を聞いたら、大体50cmくらいじゃないか、だって。例年より2m位少ないな~と言ってた。
実際に生活してても信じられないくらいなようだ。逆にかなり貴重な画かも。週末はどうかな。

スポンサーサイト

テーマ : 福島県只見町
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。