FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京から只見通信 ー雪上キャンプ(雪中野営)ー



前回の、東京から只見通信 ーつる細工&積雪ーで少しお話ししましたが、芸術祭 BLUES LIVE & 只見イラスト/写真展示で写真を担当頂いているTakiguchi Takumiさんとそのお友達の雪上キャンプ見学をしてきましたw

IMG_7569.jpg

私は雪上キャンプと行っていますが、ご本人達は「雪中野営」と書かれてますね。とりあえず、私のブログなのでww、言い慣れない方でなくて、雪上キャンプ(雪中野営)というタイトルにしてみまして。

多趣味過ぎなTakiguchi氏は、雪山登山×写真撮影など、ほんの一部を取っても、なかなか趣味の域を超えた方なので、彼からしてみれば、人里雪上キャンプなんて小指一本でできる(多分w)ものだと思いますが、道行く人は、「あんなとこでキャンプしたら死んじゃうよ〜ぉ?!」とか、そもそも、「変なものがある?!」的な反応をしているのが、少しどころか、かなり面白かったです。

IMG_7559.jpg
右奥に見えるのは只見ふるさとの雪まつり会場の大雪像。


確かに、雪の上でキャンプをしてみたいと思っていながらも雪山に登るのはハードルが高くて断念する人でも、人里近くで危険な目や動物に遭遇することもなく、手軽に?体験できる機会があるのは面白いかもしれない。
それに、雪まつり期間は宿泊施設の確保がかなり難しいので、場所が確保できればテント張れる方には便利ですね。

この前ちょうど、別の方々とも只見での宿泊の話をしていたのですが、時間ができたので思い立って只見に行こうと、都心から道の空いた時間を選んで車を走らせても、民宿を確保できても時間を合わせるのが難しかったりするので、24時間空いている消防署の一室などを他の施設が開くまでの休憩所などととして開放してもらえるとありがたいというような話をされていました。
確かに、来たいと思ってくれている方々の受け入れ態勢というのも難しいものだなと、それは以前只見町ブナセンターの方も言っておられたし、私も何度か実際に知り合いを連れて行ったり、行こうとして断念したりの経験があるので、私の場合は列車だったけど、車で来られる方々もそれなりに工夫されているのだなと。


あ、テントの話に戻りますが、事前に土地所有者の許可は得ておりますので、もちろん。
ただ、設置場所が、雪まつり会場に近いために、紙が貼ってるだけだと、会場のイベントと勘違いされる可能性があるため、(人々の好奇の目に味をしめたのかww、)来年は今年より分かりやすい看板のようなものを作ろうと、すでに来年への意気込みを語っておられましたが果たして・・・^^


ここまで長々とお付き合いくださいありがとうございました。
さて、本題です。

IMG_7563.jpg

と言っても、1日目はワタクシ、列車&ツアーバスで遅れて到着後、町内の雪像写真を撮っていたため、すぐ夕方(夜)になりますけど。

IMG_7741.jpg

IMG_7758.jpg

IMG_7759.jpg

雪+ライト+花火の写真を撮るのは難しいね。。
でも、今回は、雪まつり会場+花火+雪上キャンプ+雪像の組み合わせを撮りたかったので、個人的に満足です^^
本物の景色を想像しながらご覧くださいませ。
(右手前の光は、次回只見通信の主役、妹とそのお友達作の雪像(作成中)を照らしているライトの光です。)

IMG_7762.jpg

IMG_7772.jpg

IMG_7778.jpg

うまく撮れないなりに、でも結構いいんじゃない?

IMG_7789.jpg

IMG_7796.jpg



さて、花火も終わり、夜の雪像を撮っている間に・・
IMG_7967.jpg


こんな魔法なものが!
IMG_7976.jpg

IMG_7978.jpg

IMG_7982.jpg

IMG_7986.jpg


右手手前と合わせて、テント3つww
IMG_7961.jpg


会場の明かりも消えまして。
IMG_7999.jpg
おやすみさない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。

雪まつり会場で前回のつる細工撮影にご協力いただいた方々等にご挨拶などしているうちに、妹達の雪像も出来上がりに近づいてきました。
IMG_8137.jpg


ただし、残念ながら、奥ではそろそろ撤収開始の時間。
IMG_8165.jpg

IMG_8182.jpg



雪上キャンプ?あれは幻だったかもしれない・・・
IMG_8195.jpg

・・・という方はこちらへ。


次回の只見通信の主役の雪像をみたい・・・

・・・という方は、もう少々お待ちくださいませ。


スポンサーサイト

テーマ : 福島県只見町
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。