FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京から只見通信 ー念願の八十里越県境 只見を巡る旅3ー ついにやってきたその瞬間



只見を巡る旅 
~布沢(ふざわ)癒しの森と河井継之助記念館、八十里越~ 
2日目



2日目
八十里越県境
河井継之助記念館〜外山修造 没後100年企画展〜
塩沢 山菜まつり
手打ちそば処 八十里庵



月日が過ぎるのはこんなにも早いのね^^; 司馬遼太郎もびっくりの、実は6月上旬の出来事、念願の八十里越県境 只見を巡る旅 最終章^^;


ところでもう忘れてる方、これは三条の秘境八十里越体感バスツアーとも、只見町観光まちづくり協会の八十里越通り抜けツアーとも内容も違うのであしからず。
それぞれ別途行きたいのですが、9月までは忙しすぎたし、気づいたら10月の只見からのツアーは満員御礼、三条は集合&解散場所の道の駅までの移動手段が。。


なので、私としてはとっても貴重だったこのつあー、お待たせしました、いよいよ、八十里越県境へ!


みなさんがヘルメット装着されてる姿を目の当たりにして抑えきれない高揚感!
IMG_0020.jpg


心を落ち着かせようとするも、
IMG_0024.jpg


ボルテージぐぃぃ〜ん⬆︎
IMG_0022.jpg


この緊迫感漂うシーンに張り裂けそうな期待感!
IMG_0025.jpg



トンネルを抜けるとそこは・・・・・





キター!キター!キター!キター!
キター!け・ん・きょ・う!県境!! ^o^
県境のトンネルを抜ける前も後も雪国だよ!!^o^
IMG_0037.jpg
道路オタクでも山オタクでも県境オタクでもなんでもないけど、何かね、この興奮^^

やっぱり、この時しか見れないものって魅力あるよね。開通したらもう見れない景色だもんね。この自分の目で、脳で、記録したくなるよね。


と言いつつ、メモリに記憶^^
IMG_0033.jpg

IMG_0039.jpg


道路の向こうにまだ雪があったの。わかるかな、白っぽいやつです。
IMG_0032.jpg


ここどうやって登るの、登れるの^^;
IMG_0027.jpg


古道か中道か新道か忘れましたが、かつての八十里越の道だそうで、バスの走ってる窓越しに、それっぽい看板を捉えましたが、スマホカバーの反射の方が目立つな・・・
でも、新旧入り混じりで、これは今後の八十里越ツアーも楽しくなるだろうね~
IMG_0046.jpg


県境の空気を堪能したところで、ツアーは河井継之助記念館へと続きます。
IMG_0050.jpg


途中、足元の植物が、只見線不通区間を物語っていて物悲しさを感じながらも・・・
IMG_0048.jpg
新潟・福島豪雨被害後、タクシー代行してる区間)


河井継之助記念館では、外山修造 没後100年企画展もやってますよ。
IMG_0792.jpg

11月13日まで。まだまだ間に合う^^
IMG_0051.jpg


詳しい説明を聞きながら、ツアーの充実さを満喫^^
IMG_0060.jpg



この眺め。壮大なブログが書けそうだ。
IMG_0054.jpg
「峠」の前は時間がなくて来られず、「峠」の終了数年後に只見に来られたらしいです。


会津藩主松平容保のご子息(なのですか?)の方の書らしい。
IMG_0058.jpg

うしろ。
IMG_0057.jpg

長岡つながりか山本五十六の名もあります。
IMG_0055.jpg


ところで、この辺は今年2回目ですね
IMG_0052.jpg

今年1回目は冬でした
IMG_7576.jpg
河井継之助記念館は冬季休館してますが、ミニ(というにはでかすぎる壮大な)雪像 by 塩沢観光協会を撮りにきた。


すぐ近くで塩沢 山菜まつりをやっていて、急遽立ち寄り。こういうのも楽しいね~
IMG_0066.jpg
そもそもの行事内容としては、ワラビ採りがメインみたいですね。


他の方々と色々お話ししてたのもあって、私としたことが、写真が思ったより少ない^^;
IMG_0065.jpg

IMG_0073.jpg

IMG_0067.jpg


> < マムシ鑑賞 > <
IMG_0068.jpg


私はツアー後、只見からは列車で東京戻りますが、車で来られている方々はお土産も兼ねて結構な量買われてました。
隣の方の戦利品をパチリ。
IMG_0075.jpg


くるみゆべしがレンジで簡単にできるよ、クックパッドに載ってるよ、と茅ヶ崎から来られた方に聞いたので、試してみたくて買ってみた。ゆべしだけは消費できない量だったけどw
IMG_0104.jpg



その後、手打ちそば処 八十里庵で昼食^^ お庭も最高ね❤️
IMG_0077.jpg

IMG_0078.jpg


手打ちそば処 八十里庵で・・・芍薬のピンクの美しさに目を奪われて・・・ありゃ、肝心のそば撮るの忘れた^^;
IMG_0079.jpg

IMG_0086.jpg


店内のパネル展示も目と頭の保養
IMG_0090.jpg

IMG_0089.jpg


お土産に、日本芍薬と日本ミツバチの飴を購入しました^^
IMG_0094.jpg


今、只見で結構芍薬栽培流行ってるね。
IMG_0097.jpg
ちなみに私は、植物は全然詳しくありません。。


その後、湯ら里へ戻って解散、楽しい旅も終わりに近づき、東京へ向かいます。


電車なかなか来ないぜ&のんびりしすぎてたらそろそろ来ちゃうぜの図
IMG_0103.jpg


でもこのツアーでのちょっとした出会いと、東京までの車中の出来事が、更なる未来への布石となるのです。
(それは確実。だってもう10月なので^^ これからの出来事はまた)



なかなか興味ある記事なのでリンク
八十里越体感バスへの協力 長岡国道事務所調査課

司馬遼太郎 没後20年 第一回 「峠」王クイズ選手権


ブログ内「念願の八十里越県境 只見を巡る旅」
過去記事リンク
東京から只見通信 ー念願の八十里越県境 只見を巡る旅1ー
くろもじはやめられない


東京から只見通信 ー念願の八十里越県境 只見を巡る旅2ー
癒しの森へは果たして何回行っていたのか。そしてモチの話




スポンサーサイト

テーマ : 福島県只見町
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akanke

Author:akanke


只見町のイラスト集は

Aki Kanke 奥会津只見 イラスト美術館



芸術倶楽部ただみ

はじめました。


毎月第三金曜日は

洋書屋さんでの月1ブルースソロ×ソロナイト@浅草 Infinity Books

twitter
facebook
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。